‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

家庭用脱毛器のメリットデメリットと部位ごとの相性

2015/01/23

家庭用脱毛器のメリットとしては、費用を抑えて脱毛をする事が出来る事や自宅で自分のペースで行える為、サロンに通う手間や予約が取れないといった心配がありません。また手入れによっては長く使用できるのでコストパフォーマンスも良いです。


一方で家庭用脱毛器にもデメリットがあります。永久的ではないので施術をしても定期的にまた施術を行う必要があります。家庭で行う場合には周りが汚れないように準備をして施術が終わった後には機器の手入れや片付けが毎回発生します。一人で行う場合には背中やおしりなどの部分はしにくく、仕上がりにムラが出来る場合もあります。施術後肌を冷やす行為や日焼けした肌には使用を避けるなど、一歩使用方法を間違えば火傷や肌を傷つけるといったトラブルも起こしやすいです。家庭用脱毛器自体の保証はしてくれますが、肌トラブルにおいては保証はない為、サロンが良いと比べて保証面で劣る部分はやむを得ず、施術は慎重に行う必要があります。
また機器の種類にもよりますが、デリケートゾーンや顔の部分は使用上避けた方が良いとしている商品もあります。この為、施術対象に出来ない部位もある事もあるので購入時によく確認しておく事が必要です。

相性の良くないアンダーヘアの処理の仕方

2015/01/23

ムダ毛に悩む女性はとても多いですが、その中でもアンダーヘアの処理はとても難しいのです。
カミソリで剃ったりすることも多いのですが、カミソリを使ってしまうとお肌の角質をそぎ落としてしまうので、お肌が荒れてしまうことが多いです。
また、一度カミソリで処理をした場合、毛の断面を削ることになるのでまた再びムダ毛が生えてくる時にチクチクとしてしまい不快感を覚えることが多いのです。
毛抜きを使用する場合は、とにかく強い力がお肌に掛かってしまうので痛みを覚えることが多いです。
そのため毛穴が炎症を起こしてしまったり、その中に細菌が入りこんでしまって化膿してしまうこともあるので、注意が必要なのです。


またどちらの方法もムダ毛を一時的になくすことは出来るのですが、ムダ毛がなくなるということはなく、また時間が経過すると共にムダ毛が生えてきてしまうのです。
ムダ毛をなくす根本的な解決方法になっていないので、これらの自己処理はアンダーヘアの処理の方法としては適していないものだと言えるでしょう。
アンダーヘアーをしっかりときれいにするためには、脱毛サロンや医療クリニックで脱毛施術を受けるのが一番良いです。
お肌に無理のない方法でしっかりと脱毛してもらうことが出来るのです。

アンダーヘア処理方法

2015/01/23

綺麗な肌を手に入れるためにも、定期的にエステサロンや脱毛サロンなどの美容専門施設を利用する女性はかなり増えてきています。エステサロンなどの美容施設では肌への負担が少ない光脱毛を採用していますし、施術自体も施術時間がかなり短いメリットがありますので、多くの女性に支持されています。しかしこれらの美容専門施設を定期的に通う事は経済的に難しいと感じている女性も多いので、少しでも気軽にアンダーヘアなどのデリケート部位を含めた全身のムダ毛処理をする方法はないのかと不安に感じている女性も多いのです。そこで最近人気になってきているのが、ヒートカッターを利用したり、市販されている除毛クリームで除毛ケアをする方法です。


また完全に脱毛ケアをするためにブラジリアンワックスを利用して、自分の希望するアンダーヘアの形を維持しながらケアをすることが大切になってきます。ブラジリアンワックスは一気に広範囲の処理を行えるメリットがありますが、一気にムダ毛を抜く必要がありますのでどうしても激痛を感じてしまう方も少なくないのです。なので苦手に感じてしまう方も多いのですが、除毛をする必要がなくなりますので長時間綺麗な肌を維持することが可能です。

自己処理する際のNG事項

2015/01/23

ムダ毛処理を自宅で自分でしているという人も多いですが、その際には気をつけることがあります。絶対にNGなのが生理中にカミソリを使うことです。生理中はホルモンバランスが不安定になり、お肌も敏感になりがちです。そういう時はお肌がカミソリ負けしてしまうことが多くあるため、避けるべきです。他にはできれば避けた方が良い事項として入浴中に処理することです。


おそらく入浴中に処理をしている人はたくさんいると思われますが、できれば避けた方が良いでしょう。浴室というのはお風呂ですから当然湿気がこもりやすく、雑菌が繁殖しやすい場所です。そのような場所で処理をするのはお肌にあまり良いとは言えません。また、お風呂は床が滑りやすく一歩間違えるととても危険です。一番良い方法はお風呂から出て清潔な状態で、また、しっかりと安定した姿勢が取れる状態で行うことです。そして処理が終わった後はお肌が乾燥してしまうので、ボディクリーム等でしっかりと保湿をすることも大切です。処理をすると少なからずお肌にダメージを与えてしまうので、保湿をすることでお肌の水分を保つことはもちろん、お肌の表面の補修を行いケアすることで滑らかにお肌を保つことができます。

ムダ毛処理の処理方法

2015/01/23

ムダ毛処理で絶対にやってはいけないのが、毛を抜くことです。無理やり引き抜いてしまうこの行為は、1番毛穴を傷つけてしまうのです。失敗すると、色素沈着や埋没毛の原因になります。また、毛を抜いた後に赤み・プツプツが出来ていたら、それは毛細血管からの出血を意味しています。そして、1番スタンダートな処理の仕方としてカミソリがあります。


手軽に出来ることから多くの人が使用している方法だと思われますが、手軽に出来るからこそ注意が必要です。カミソリで毛を剃る時、実は毛と一緒に皮膚の角質もそぎ落としてしまっているのです。だから、失敗すると埋没毛や炎症を引き起こす原因になってしまいます。肌への負担を最小限にするように心がけて処理する必要があります。処理の時の注意点は、まず、毛の流れに沿って剃ることです。また、肌がふやけて弱くなる入浴時や石鹸やボディソープを使って処理したり、生理前や体調不良時に処理をすることはおすすめしません。どちらも肌への負担が大きいことや失敗して肌を傷つけてしまった時も治りにくいからです。処理は2週間に1回程度とし、保湿を心掛けてください。また、浴室に放置せず乾燥させ定期的に交換して清潔の保持に努めてください。

針脱毛のメリットデメリットと部位ごとの相性

2015/01/23

脱毛方法に針脱毛があります。針に電気を通し、毛根組織にダメージを与える事で脱毛が可能になります。
メリットとしては、1本1本丁寧に抜く事で綺麗な仕上がりになり、脱毛漏れを防ぎます。抜きたい箇所、抜きたくない箇所も自由自在でデリケートゾーンや髭など形にこだわる所に特に綺麗な仕上がりになります。また永久脱毛なので、一度脱毛した所は二度と生えてきません。従来の光やレーザー脱毛と違ってメラニンに反応するわけではない為、これまでメラニン量が多く肌が黒くて施術が出来なかった人でも施術が受けられます。


一方でデメリットと言えば、1本1本の施術になる為、相当な時間がかかります。レーザーで脇を10分程度で済むところを針では30分はかかります。背中などの広範囲になると1時間以上はかかる所も多いです。また、毛根に電気を通すので痛みは感じやすいです。しかし、施術する担当者によって痛みは左右されるのでベテランで実績のあるところで行うと痛みは軽減されやすいです。医療機関で行えば、痛みを軽減するために麻酔を使用する事は出来ますが、別に費用がかかります。また、施術の費用面でも施術時間によって料金がかかる体系を取っている事が多く、他の脱毛方法よりも高くつく場合が多いです。全身脱毛を希望するのであればかなり高額になります。

レーザー脱毛のメリットデメリットと部位ごとの相性

2015/01/23

医療機関で受けられる脱毛にレーザー脱毛があります。メリットとしては、医療機関で医師が診察した後の施術な為、肌が弱い方でも事前に肌状態を診てくれるので安心です。また、万が一のトラブルも迅速に対応してくれる環境があります。レーザーの特性で黒い物に反応して毛根にダメージを与える為、他の皮膚にダメージを与えず脱毛だけ効果的にしてくれます。威力が強い為、1回の施術でも効果を感じやすく、産毛や細い毛が多い背中や腕などにも効果が期待できます。


一方でデメリットしては、威力が強い為、日焼けなどでメラニンを多く含んだ肌で施術をすると火傷の危険性が増したり、上手く照射が出来ない場合もある為、施術自体を受けられない場合もあります。夏場に露出しやすい腕や脚、顔などは特に日焼け止め対策が欠かせない点があります。また威力が強い為に痛みを感じる人も多く、施術自体に苦痛になる人もいます。特にデリケート部分などの肌が弱い部分では麻酔を使用して施術するか、出力を落として施術をするなどして工夫します。痛みに不安な人は試しに施術が出来るのであれば痛み具合を確認するためにも試してみると良いでしょう。
また、一定の出力を当て続けると特に毛の細い背中や腕に硬毛化現象が生じる場合もあります。医療機関と相談して出力を変えてもらったり、機器を変更してもらうなどの措置をとる事で改善します。

光脱毛のメリット・デメリットと部位ごとの相性

2015/01/23

ビューティー19脱毛の方法にエステサロンなどでメインで行われている光脱毛があります。光の波長エネルギーを利用して毛根にダメージを与えて毛の再生を抑制させるという効果が期待できます。
光脱毛のメリットとしては、抑毛効果と言えども、1度施術を行うと生えてこないといった人も多く、エステサロン間の価格競争でお得なキャンペーンや低価格でコストパフォーマンスが高く、それなりの満足を得られる事が出来ます。1度に広範囲の施術が可能な事から背中や脚などの広範囲の部位でも短時間で施術が済みます。


比較的施術による痛みをを感じにくく、皮膚が薄いデリケートゾーンや顔にも他の施術法よりも痛みが感じにくい為、痛みを気にする人には向いていると言えます。また足や腕や顔など普段露出する部分においては、脱毛をする事で美肌効果が期待でき、毛穴が引き締まって綺麗な肌になります。
一方でデメリットとしては、医療機関などで行われるレーザー脱毛等と異なり、出力が小さい為、1回の照射でも効果はさほど表れない場合もあります。この為、数回照射しなければいけないといった費用面でも時間的にも手間がかかります。また、産毛や細い毛にも反応が薄い事から背中や二の腕などの細い毛が集中している部分が多い所では何度も施術をしないと効果を感じないかもしれません。

女性のムダ毛で許せる範囲

2015/01/23

女性にとって、ムダ毛というものは大敵であります。
そんなものをみつけたならば、すぐに脱毛を行わなければなりません。
どんなにきれいに着飾っても、ムダ毛あったのでは台無しであります。
それはこまめに行う必要があり、定期的なチェックをしなければなりません。
男性とお付き合いをしていて、彼女のムダ毛に気づいたときにはどうしたらよいものかわからなくなるものです。
そのことを彼女に、伝えてよいものかどうかというのは定かではありません。
言うのをためらう男性の気持ちとしては、そんな彼女の姿をみてショックを隠し切れない部分もあるのです。


ほとんどの男性は、そのことを口にはださないものです。
見て見ぬふりをして、自分の心の底にしまっておくようにする場合が多いのです。
そんな風に、女性は男性に悟られないようにしなくてはならないのです。
それは女性の最低限のエチケットであり、それを守れていない人はあまり見受けられないのですがまれに見落としや剃り忘れといったこともないとは言えません。
それは産毛くらいまでなら許せるのですが、ボッサリとあったら百年の恋も冷めてしまうというものです。
忘れていたでは、すまされない問題であると言えます。